【釣り】シムスのメッシュベストをパタゴニアのメッシュベストと比べてみた

ずっとベストはパタゴニアを継いできた。とうとうベストもシムスである。

先に結論

  • 充分な収納力
  • 荷重分散が旨いのか一日着てても疲れにくい感じがした。
  • 背面のポケットのペットボトルが取り出しにくいかな。
  • 価格は比較的安価な12180円
  • 気に入りました( ´∀`)





一日使ってみた感想。
昔から肩こりしないと定評のあるシムスベストだが
コレもまったくその通り。

荷重分散が旨いんだなと感じた。
疲れが出にくい!


背面のジッパーの無い大型ポケットに入れたペットボトル。

ベスト着たままだと背面ポッケからペットボトルを取り出しにくい。
コレが今のところの唯一の不満点だけど、
まあこれくらいなら許容できる範囲かな。
気に入りました。

今まで使ってたパタゴニアと比べると収納力はばっちり。
まだポケットが余っている。


シムスのメッシュベストのベスト単体の重量は…


422g。あとで述べるがパタゴニアのメッシュベストより少し重い。
ポケットとかの布はちょっと厚めかもしれない。
メッシュもこっちの方が重いのか。

フォーセップのためのストラップは無いので
ビルトインリトラクターのかぶせ布にはさんどく。
 しっかり感のあるフロントストラップ。

回転しにくいDリング。

背面メッシュの透け具合はこのくらい。

ジッパーについているひもは上位のモデルよりシンプルだ。




さてさて今まで使ってきたベストと比較してみよう。

ポケット位置なのかなんなのか結構肩こりする気がした
パタゴニア メッシュマスターII・ベスト

このポケット位置が上すぎて内容物が取りにくかった。
小さくて入れるものも選ぶ。






373g。軽い!



フォーセップはここに。

ちょっと貧弱なフロントストラップ。





参考までにパタゴニアのpatagonia guidewater vest 2009
との比較も。


567gだった。
ジッパーが多いと重量はややかさむ。でももっと重いと思ってたよ。

フォーセップホルダーはこういう感じ。
迷彩のフォーセップ…。

Dリングは横になりがち。シムスのはプラでもっと大きい。




というわけで、コスパに優れ充分な収納力を持つ
シムスヘッドウォーターメッシュベスト。
なかなかいいね!



関連記事