【釣り】5月5日のんびり里川釣り上がり これぞ5月の新潟の釣り

渡良瀬川の翌日、5月5日は副会長とのんびり里川を釣り上がります。
昨日ツイ友のFKさんに「今頃のそちらの釣りはどんなですか」と言う質問に対し、うまく答えることができませんでしたが、この日の釣りがちょうどそんなです。

ところで副会長、そのウェーディングシューズはおニューだな。


現行品のヘッドウォーターブーツ(フェルト)。

へー、かっこいいな。

入渓時、大量にタラノメの入った袋をぶら下げたおじさんとしばし世間話。
「今年は(去年と違って)熊の目撃情報は入っていない。少なめなんじゃないか」とのこと。ちょっと安心。


さてさっそく副会長

ヤマメゲット。
ゆっくり出てきたなあ。

こんな瀬で


私も続きます。
ライズしてたのをバラしたあと

かわいいヤマメ。きれいなヤマメ。

こちらもゆっくりくわえてきました。

数回投げてようやく出た。


それもそのはず水温はちょっと低めの11.7℃。
このキッチン温度計は生活防水で使いやすいのでオススメ。

これもきれいですねー。


早い筋の脇から。

アダムスパラシュートの16番。
あんまり虫っ気もないんだあ。

ここはゼンマイ畑かな。

綿毛ゲット。これダビング材として使ってみようかな。


流れの脇でライズ発見。
慎重にキャストすると

「“待”ってたぜェ!!この“瞬間(とき)”をよぉ!!」
ああ、イワナですか。


もしかして今年初めてのイワナでしょうかね。
ライズハントでお初とはなかなかですな。

向かって右のブッシュ下でずっとライズしてた。
フライは流心に落ちたけど食ってきました。

実はそのちょっと上流でもライズありましたね。
集落から外れたこのへんはもうイワナ混成ゾーン。

アダムスパラの16番、すべてロストしたためクイルパラシュート。

さらにポイントを叩き上がると
出ましたイワナ


左のブッシュ下あたり。

ムースホックが1本もげたクイルパラシュート。
イワナ釣りには不向き。

活躍!フライ回収棒

妻と副会長はフライ回収棒、わたしはその元製品のあゆリターンを所有しています。
これがあるとフライ回収率が高まります。

ベルモント社はティムコやフルックスに売り込みに行けばいいのに。絶対売れると思うけどな2万本くらい。

川をチェンジしてイワナ狙いに


おおおでたでた

元気元気

逃げられた。

ここもついてる率高めのポイント。

テールが全てもげてしまったクイルパラシュート。

堰堤下のポイントでも黒い魚体のイワナ君

尾びれの上の方が欠損してますね。

一発で出ましたよ。

フライ回収棒(あゆリターン)はタラノメ採るのにも有効。
みんなも買おうぜー!

ちなみに、この伸縮棒作ってるメーカーが少なくなってきているとか。
もともと車のアンテナなどん使われていたんですが、最近の車はこんなアンテナじゃないですもんね。なくなる前にゲットしようぜー!


この日の晩酌

タラノメは買った山ウドとともに天ぷら。
北島 生酛純米 渡船は滋賀の酒。燗あがり(燗することでよりうまくなる系)します。


わらびは

アク抜きして醤油漬けにします。

関連記事